BLOG園長先生ブログ

2020.10.06

済美幼稚園日記  10月6日 運動会総練習 本当の学力とは

今度の日曜日に小学校の運動会のあるご家庭は、台風の動きが気になられていると思います。そんな心配をよそに今日は絶好の晴れ、18日までとっておきたいような天気のもと運動会総練習を行いました。

写真は年少のかけっこです。こどもたちの目指すゴールには何があるのか。それは当日のお楽しみです。

DSC_0017

年中のダンス1・2・3も仕上がってきました。手に持っているポンポン(?)が日光にきらめき、秋の風の中シャカシャカという音を立てダンスに花を添えていました。

DSC_0028

年長の「済美タイフーン」の練習もしました。コーンを回っているうちにどちらに進むのかわからなくなるペアもいましたが、二人の息が合ってスピードにのるペアもいました。この傾きいいでしょう。

DSC_0032

風が強いのでうまく膨らむか少し心配しましたが、青空のもとバルーンの練習もしました。先週の年少担当の先生の記録にこういうのがありました。「年長児のしているバルーンを初めて見て興奮気味に喜んでいた。園歌にもあるバルーンがやっと頭の中でつながったようだ。2年後には自分たちもするということを伝えると『してみたい。』『できるかな?』と期待感を持って見ていた。」この中に「目の前にあるバルーンと園歌のバルーンがつながった」という記録があります。私はとても素晴らしい「つながり、発見」だと思います。これから子どもたちはたくさんの体験やたくさんの知識と出会います。体験や知識は子どもたちの周りにいっぱいありますが、それだけでは学ぶ力にはなりません。本当の学力は、こういう体験と知識が結び付くということにあると思います。「このバルーンが、園の歌にでてくるバルーンなんだ!」というような体験と知識が結び付いた場面があったら、「よく気が付いたね。」といっぱい褒めてやってください。褒めるといえば、風の条件はあまりよくなかったですが、年長のバルーンうまくできていましたよ。

DSC_0038

 

月別アーカイブ

ページトップへ